アクセス数が多いときのレンタルサーバー会社の選び方

サイトを立ち上げて一定期間以上の運営をしていくことで、サイトへのアクセス数が増えることが考えられます。



同時アクセス数が増えてしまうと、サーバーがダウンしてアクセス制限が行われる場合があります。
レンタルサーバー会社によってアクセス数の制限を行っている条件は異なっており、サーバーへの負荷が強くなることでダウンします。


一般的なサイトを作るときに利用する会社は、共用サーバーのレンタルサーバー会社となります。

NAVERまとめは評判がとっても良くて有名です。

共用サーバーの場合には1つのサーバーをたくさんのユーザーが利用しているために、低料金を実現しています。
複数の利用者がサーバーを使っているということは、共用サーバーに同時にアクセス数が増えることでサーバーがダウンする確率が高くなることを意味しています。
一部のユーザーのサイトにアクセスが集まることで、関係のない別の利用者のサイトに影響が出ます。
低料金のレンタルサーバーを利用していて、エラーが出ることが多いと感じているのであれば、専用サーバーを借りることができる業者と契約することを検討してみると良いでしょう。


専用サーバーを利用した場合であってもサーバーダウンを起こして、エラーが生じる可能性はありますが、共用サーバーと比較すると少なくできます。



共用サーバーとは異なり、専用サーバーはユーザー1人が1つのサーバーを使えるサービスですので、アクセス数が多いサイトの運営をしているときには、専用サーバーを借りられる会社を選ぶようにしましょう。